Blog

色々と、ある事情。

今朝の我が家の、平和な風景。
一番下の猫が、早朝から大暴れをして、
姉さん猫たちにメンチを斬られて、
「すんませんっ!」と言っているようで、
朝からにやけてしまいました。

今日の昼の賄いは、
水の代わりに甘夏果汁を入れた食パンで、
ピーちゃんの卵を挟んでサンドイッチにしました。
ちなみに八朔酵母。
夕方も小腹が空いたので、つまみましたが、
柑橘の苦味がたまらんなーと、
いつも以上に噛み締めました。
時々、柑橘果汁食パンをなぜ作るかというと、、、
柑橘ピールづくりは皮しか使わないので、
普段、実はジューサーにかけてジュースにして、
夏は暑いので、ガブガブ飲めるのですが、
流石に寒くなってくると、美味しくても減らない、減らない。
そうだ!減らない果汁は、水の代わりに
食パンの材料にしてしまおう!ということで、
柑橘果汁の食パンが出来上がりました。
まあ、飲まなかったら捨ててしまうのが、
パンになるおかげで、皮も実も使いきることができるので、
果汁分を仕入れ代金として上乗せせず、季節の酵母食パンと
同じ金額にしているという訳です。
めでたし、めでたしですね。

そして、もうすぐ予約ができるようになる甘酒酵母の食パン。
なんで、このパンを作るようになったかって?
まあ、書くのも恥ずかしくなるほど単純なのですが、、、。

この間、酵素玄米をよく食べるから、
パンに入れたいなーと思って、
亜麻仁のパンに入れるレシピを考えたことを書きましたが、
甘酒って体にいいと言われているので、
健康おたくおじさんは、やっぱり日常的に甘酒を作りたいと
常々思っているのだけれど、
なかなか習慣化されないんです、僕の性格上。
パン作りが忙しくなると、他のことがどうでもよくなるので、
じゃあ、どうしたら、甘酒を定期的につくることが
できるのだろうか?と考えた時に、
甘酒酵母のパンをつくりはじめて、
定番のパンにすればいいのだ!と気づいたのです。
我ながら、いつも単純ですね、
これなら、きっと甘酒づくりも習慣化できるはず。
これまた、めでたし、めでたしです。

前はね、しゃれたパンをつくりたいなと思っていたんです。
nayaという店名から人舟と変えたころでしょうか、
「自分の足るを知った」訳です。
今はね、半径5メートル内の世界が僕の幸せなのだから、
そこから生まれるパンを作ろうって、ね。