NEWS

パン。

作った当日のパンは、それほど美味しくない。
一晩、常温で寝かせておいて、
翌日以降になってようやく、パンが完成。
パンが焼けたら完成ではなく、
ある程度の時間をおかないとパンにはならないと
この頃のパンを食べて特に感じています。

冷凍保存より、常温または冷蔵。
断然こちらのほうが熟成されて旨味が増します。

今朝、先週日曜日に作ったマルコを温めて、
仕事の合間に食べました。
すぐ食べるだろうと常温においていたけれど、
今週は試作パンをつくっていたので、
他のパンにばかり手が伸びて、
なかなかマルコに手が伸びず、
数日たって、いつ食べるかわからないなあと冷蔵庫へ。

焼いてから、1週間たったマルコ。
カンパーニュなど、ハードなパンは1週間も経っていれば
旨味が増しているのは、食べる前からわかりますが、
柔らかいソフトパンのマルコは、
焼いた当日より2日目がうまいのはわかっていましたが、
1週間経っても、そう変わっていないだろうと
思って食べたら、、、
酵母の風味が増して、はちみつのコクもより強く感じれて、
2日目にたべるマルコより断然、美味しくなっていました。
去年から、何度もレシピを見直し、
酵母も1種類から2種類に増やした結果、
時間を追うごとに変化するパンに変わったのかもしれません。

「マルコ、大人になってるじゃねーか。」
今朝は、新たな発見ができて、とても嬉しい朝になりました。

たかがパン、されどパン。
たかがマルコ、されどマルコ。