NEWS

パン。

5月は、素晴らしい。
1日中、気持ちがいい。

昨日の午後、大多喜の方に行きましたが、
深い山々だったり、キラキラひかる田園だったり、
見える景色が素晴らしくて、
何度も「ふへええええ」「ひほおおおおお」と
言葉が漏れるほど、感動しました。

この頃は、ぴーちゃんたちの卵で、
出汁巻卵をつくっての朝ごはん。
ぴーちゃんたちと一緒に生活をしてから、
食べることが、より大切になりました。

昨日は、先週の試作の続きをしました。

白ワイン酵母。
白ワインを水の代わりに入れていたパンより、
水の代わりに白ワイン+白ワイン酵母で、
ぐっと大人な味わいになりました。
次回はこのレシピにて。

そして、はちみつのパン。
3月の定期便と、店の予約では1度焼きました。
この頃のお気に入りのパンです。
パンと蒸しパンの中間のような食感で、
ポワーンと生きている僕にはちょうどいい食感だなと思います。
ただ単純に蜂蜜の甘さがして、
毎日が幸せだなあと思っている僕にぴったりの甘さだなとも思います。
今の自分だから、作れたパン。
こういうのが作れたことが、とてもうれしいです。

へへへ。
はちみつパンを食べて、
みんなでポワーンと幸せを感じましょう。

今週は、このはちみつパンとは違う、
はちみつパンを、はじめてつくります。
ややこしいなあ、、、と我ながら思いますが、
いろいろとあって楽しいなあとも思います。
えへへ。

はちみつパンの話に戻り、
試作で作った時は、商品として完成させた時の
2/3程度の厚さで焼いたのですが、
「薄すぎるかな」と思って、
厚く焼いたのを完成としたのですが、
何度、食べても、どうもしっくりこない。
昨日は、もう一度、試作の時に戻して薄くしたら、
「これ、これ、これだよー。」と。

そして、この頃は、
きび砂糖をはちみつに置き換えるレシピに
変わりつつあります。(前も書いたかな)
きび砂糖を減らして、ココナッツを入れたりも。
まあ、どんどん年齢を重ねて、
体を労わらなくちゃという思いと、
健康オタクでもあるので、パンもすこしづつ、
そういう部分でも変えていきたいと思っています。
自分たちが食べるパンという思いでつくっている部分も
大きいので、素材が季節にしっかり寄り添いつつ、
身体にも優しいものというのが、
「売るための美味しいパン」をつくりたいという思いより、
大きくなりつつあります。
尚更、昨日の山々や田園風景を見た後だからか、
もっと寄り添いたいなあという気持ちが強くなりました。

先週より、一部の玄麦が有機栽培のものに変わっていたり、
前回の記事で書いたマルコも、
きび砂糖を減らしてはちみつの割合が
だいぶ増えています、そういえば。